日々の情景 泣き笑いⅣ

木々を眺めて

              空の変化が、冬モードのように見えます。
              かぜが強かったりしますと、
              宮沢賢治の「風野又三郎」をおもったり・・・。
                どっどどどどうど どどうど どどう、
                ああまいざくろも吹きとばせ
                すっぱいざくろもふきとばせ
                どっどどどどうど どどうど どどう ・・・「風野又三郎」より。
              ゆさゆさと木をゆすると、葉がこすれる音が聞こえたり。
              ゆったりとした気分の中にいます(笑)。
d0118729_14462442.jpg

d0118729_14464017.jpg

 ハナミズキの葉も、ススキも、趣があります。








              庭のあちこちで、ツワブキの花が、咲き乱れ、
              カタバミソウも、咲いてくれています。
d0118729_14521854.jpg




              地下街で、空気がいいよ、と、表示を出してくれているんですが
              森には、及びません。
d0118729_14541933.jpg




              陶器は、相変わらず、ネズミを作っていたのですが、
              14cmくらいの、小皿を。
              白化粧部分に、ネズミをえがいて・・・。
              粘土は、テラコッタです。中央部は、透明釉で、周りは、織部で、
              酸化焼成の予定です。
d0118729_14581997.jpg

[PR]
by goya7e | 2007-11-17 15:00 | ちょっとしたこと