日々の情景 泣き笑いⅣ

奥殿陣屋の花

           岡崎の”奥殿陣屋”で、薔薇が見事に咲き、ポピー畑のポピーも
           きれいでした。
           それはそうですが、その一角に、ギガンジューム(アリューム)が
           目を引きました。いけばなで、よく見かけます。
           ユリ科で、玉葱や、ネギの仲間と聞きますと、ネギボウズをおもって、
           納得です(笑)。
           花言葉は、なぜか、”無限の悲しみ”です。悲しみ、苦しみを乗り越えての
           大いなる喜びがある・・・といいますので、乗り越えることにして。
d0118729_21114143.jpg

d0118729_21115831.jpg

 遠くからの印象と違って、近くから見ますと、いくつもの花が集まって、きれいです。






           奥殿陣屋の薔薇園と、ポピー畑です。
           ポピーは、もう終わったと思っていたのですが、まだ、いいみたいです。
d0118729_2124331.jpg

d0118729_2131284.jpg

 「陣屋」は、よく知らなかったのですが、城が持てない大名(小藩は、「一国一城令」で城が造れず)は、藩主の屋敷に堀をめぐらして・・・これが、陣屋だそうです。陣屋は、2万石以下の大名、奥殿藩は、1万6千石。また、幕府の直轄地の代官の住居も陣屋で、高山陣屋が有名、とのことです。



           ここで、久しぶりに、五平餅にありつきました(嬉)・
           味噌味がとてもよかったです。
d0118729_22292114.jpg




           牛でも、残忍なトーロをイメージしたものをつくって見ました。
           ダンテの「神曲」ロダンの地獄門・・・のイメージに
           近づきたいのですが、なかなかです(笑)。
d0118729_22402888.jpg

 10cm幅、高さ13cmです。黒マットを還元焼成しますと、金属光沢が出るということで、あとは、ガラスヒワと白萩です。粘土は、テラコッタ。ちょっとした、入れ物なんですが、何に使うかが、問題のような気がしています。


           それで、ちょっと、やさしいものも(笑)。
d0118729_22451898.jpg




           久しぶりに、鳩(傍若無人です)を撮りました。
           人に、ついて回っていました。それで、銅像の前で(笑)。
d0118729_22494927.jpg

[PR]
by goya7e | 2008-05-30 22:51 | 写真(花)