日々の情景 泣き笑いⅣ

枝ぶりの日ごとに・・・

          ”枝振りの日ごとにかはる芙蓉かな” (芭蕉)
          一日でしぼんでしまいますが、次から次へと咲きますので、
          花期は、ながい・・・芙蓉の花がきれいです。
          とても柔らかな感じがします。
d0118729_20521431.jpg







          オクラの花も、1~2日でしぼみます。花言葉は、「恋の病」
          「恋によって身が細る」とも。芙蓉の花言葉が、「しとやかな恋」
          ・・・花の命と恋が、かんけいあるのかも(笑)。
d0118729_20594721.jpg



           そういえば、朝から騒がしい蝉も、短命です。
           ガラス戸と網戸にも、とまってくれますが、庭のあちこちに
           蝉が落ちています。
d0118729_2141291.jpg



        
           あちこちのお庭を拝見しますと、
           いろんな色の百日紅が、満開です。
d0118729_21155215.jpg

d0118729_21161330.jpg

d0118729_21163043.jpg



           歩道の傍らの水路には、ヒヨドリ?が水を飲みに。
d0118729_21222916.jpg




           こんな情景に出会いますと、夏なんですが、
           なんとなく、「春の朝(あした)」ブラウニング上田敏訳を
           想い出します。
              時は春/日は朝(あした)/朝は七時
              片岡に露みちて/揚雲雀なのりいで
              かたつむり枝に這い
              神、そらに知ろしめす。
              すべて世は事も無し。



          
           
[PR]
by goya7e | 2008-08-17 21:38 | 写真(花)