日々の情景 泣き笑いⅣ

童話の里を彩る彼岸花

d0118729_12591222.jpg
小雨が降ったり止んだりするなかを、半田市新美南吉記念館の近くの矢勝川の堤の彼岸花を見に行ってきました。今が満開で、あと、1週間くらいが見所のようです。
d0118729_12473621.jpg

d0118729_1248320.jpg

d0118729_12503999.jpg

d0118729_125139.jpg

 彼岸花は、白いものも、赤い花の中に混じっていました。彼岸花に、蝶ちょ、サギもいて、いい感じでした。こんなに沢山の彼岸花には、ちょっと、感動します。




 この時期には、ジャンボかぼちゃのコンクールが開かれているんですが、気がつくのが遅くて、終わったあとでした。それでも、ひとつだけおいてありました。道の駅で、それより小さなものを見つけましたが、1000円・・・どうするのだろうと、気になりますが、食用には、ならないような気がします(笑)。
d0118729_16304329.jpg



 季節柄、果物が美味しい季節です。大きいスモモを頂きました。感謝です。甘くて、美味しかったです。
d0118729_1636653.jpg

 






 【新美南吉記念館】
 平成6年に、記念館が。建物は、地上1階、地下2階の、ユニークな建物です。自筆原稿、日記、手紙、などと、童話の作品のジオラマが展示されていて、楽しめます。
d0118729_16483370.jpg

d0118729_16515721.jpg

 地下へのゆるやかな導入路。木立の間を行きます。地下の右側が入り口です。
d0118729_16545028.jpg

d0118729_16551235.jpg

 この通路の下が、展示室で、通路=渡り廊下の感じです。

d0118729_1658760.jpg

 地下2階の展示室の入り口の人型・・・お!と、びっくりします。

d0118729_175896.jpg

d0118729_1752180.jpg

 展示室です。床面にゆるい傾斜がついています。

 設計は、株式会社新家良治建築工房。ちょっと、珍しい建物でした。
[PR]
by goya7e | 2008-10-01 17:10 | 写真(花)