日々の情景 泣き笑いⅣ

最後の一葉

 庭の二本のハナミズキの木が、一本は枝ばかりになって、もう一本も、数えられるくらいの葉っぱになりました。苦手な英語の時間の副読本で、O Henryの”The Last Leaf”を思い出します。絵描きの人が、雨の中肺炎になりながらも、病気の少女のために最後の一葉を描いたこととともに。
d0118729_18502128.jpg

 そんなんやで、今年最後の紅葉?を、東山動植物園に見に行きました。動物園の脇を通って植物園に行くみちは、いつもですと、銀杏並木が綺麗ですが、今の時期は枝ばかりで、落ち葉も変色していて、ちょっと、残念でした。
 でも、”薬草の道”、奥池”には、紅葉が残っていました(嬉)。
d0118729_18551497.jpg

d0118729_18553446.jpg

d0118729_18591582.jpg

d0118729_18593519.jpg

 1枚目と4枚目は、”奥池”で、2枚目は”薬草の道”で、3枚目は、植物園の奥の展望台からです。”奥池”には、岐阜県白川村大牧集落から鳩ケ谷ダム工事で水没するため移設された合掌造りの家(1842年製)があります。

         植物園には、無料の二人乗りのカートの貸し出しがあり、
         案内人つきの、無料の5人乗りのものもあり、最近は、
         色んな配慮があって、いいです。
         でも、ワンコなどはダメで、ちょっと、残念です(笑)。





 【動物たち】
 来年の干支は:牛、再来年の干支は:トラ・・・なので、トラさんの所へ(笑)。ところが、動きが速くて、じっとしていなくて、死角も多くて。時間をかけて、スケッチブックをもって、出直しです(笑)。 動かない?動物は、じっくり見れました。
d0118729_19155183.jpg

d0118729_19162119.jpg

 1枚目は、堀の外から、望遠で。2枚目は、人間が、ガラスの檻に入って(笑)。背中同士がくっついているのが、いいです。うちの”空”も、背中をくっつけてくることがありますが、安心できるのかなあ、と思ったり(笑)。


 くまとか、キリンとか、コアラ、シマウマなどを見たのですが、なんといっても、2重になった”バードホール”が、良かったです。
 鳥さんたちがいっぱいいる中で、ベンチに座っていますと、足元まで、やってきます。小さい鳥は、まだ、いいのですが、おおきなクジャクは、ちょっと(笑)・・・です。
d0118729_1928968.jpg

d0118729_19283364.jpg

d0118729_19284841.jpg

 1枚目は、足の長いものは=北米の、クロエリセイタカサギ、赤いのは=南アメリカのショウジョウトキ。2枚目はインドシナのシマハッカン(キジ科)。3枚目は、キジ科の、インドクジャクです。

 檻に入っていなくても、”上池”などには、サギが飛んでいました。モノクロです。
d0118729_19401267.jpg



 家に帰ったら、鹿児島からのお菓子をいただきました(嬉)。
 十文字の形で、「伊集院まんじゅう」(いり粉、砂糖、白あん)で、甘くて、お茶でいただきましたら、疲れが取れたような気がします(笑)。”空”は、なんとしてでも、ありつこうと、”わたしにも”と、くびをだしてきます(笑)。
d0118729_1953952.jpg

[PR]
by goya7e | 2008-12-14 19:55 | 写真(風景)